修理と交換どっちがお得?

水漏れ、詰まり、老朽化・・・トイレの急な故障でお困りの際は、どうしても焦ってしまいがちです。
トイレの補修は、大きく分けて「修理」と「交換」の2つの道があります。
では、「修理」と「交換」どちらがお得なのでしょうか?
急な故障では、思うような対応ができず、かえってお金がかかってしまうこともあります。
トイレリフォームを検討されている方はもちろん、古い便器で不安な方も、
もしもの時に備えて、実際の事例を参考に、どちらがお得か見ていきましょう!

  • 修理の対応
  • 交換の対応
  • 修理と交換の差額

修理の対応

  • せっかく修理をしたのに、修理個所や別の場所からまた水漏れが・・・なんてことも。
    老朽化した便器には、見えていない水漏れ予備軍が沢山あります。
  • メーカーは、製品の部品をずっと供給してくれるとは限りません。
    一定期間を過ぎた部品は、入手することができないことがあります。(概ね10年ほど)
    部品がなければ、修理できないため、結局交換することに・・・
  • 便器が古くなっているということは、トイレ空間も経年劣化しているということです。
    トイレは、水を扱う場所ですので、水に弱い木材は影響を受けやすく、浸み出続けた水で、
    床が腐ってしまい、通常の交換ができなくなってしまうことも。。。

修理は、交換に比べ安価に症状を改善することができます。
反面、その改善は一時的なものになってしまうことも多く、結局交換をしなくてはならなくなるケースがほとんどです。
故障のタイミングで交換していれば、その後も問題なく使えたはずのトイレも、
継続的な水漏れなどで、床が腐ってしまい、大規模なリフォームをしなければ、
便器を設置できないなんてこともあります。
設置から間もない、比較的新しい便器の場合は、「修理」をおススメしますが、
10年前後使用している便器であれば、結果的に「交換」のほうがお得になることがほとんどです。
「修理」は既存便器のままですが、「交換」は新品の便器をつけるため、トイレ空間自体が新しく生まれ変わるのも嬉しい点です。

交換の対応

  • 修理の対応
  • 修理と交換の差額

節水性能、節電効果大幅アップ

10年ほど前の便器の洗浄水量は13Lほどでした。 最新の節水便器は、3~5L程度しか水を使用しないため、 環境にもお財布にもやさしく、4人家族の場合、年間で約53,582L、お風呂約223杯分もの水を節水することができます。

最新型は、使うときだけ瞬間的に温めて、使わない時の無駄な電力を低減してくれます。 本体のセンサーが人の動きを検知して温めるため、使用しない時の保温が必要なく、 消費電力を大幅に抑えることができます。 TOTOの最新便座の場合、約6秒で適温まで温めてくれるため、冬場のヒヤッとを感じることもありません。 ※ TOTO発表数値

トイレリフォームをするなら、絶対に換えておきたいのが床材のクッションフロア。通常、トイレの床は、便器を取り外した時にしか交換することができません。
クッションフロアを巻き込むように施工するためです。

トイレを新品にすると、どうしても壁がすすぼけて見えてしまいます。
普段は気にならなかったトイレの壁も、新しい商品が入ると、経年劣化や汚れが目立ってしまい、
せっかくのトイレリフォームに不満が残ってしまったというお声も…
壁紙(クロス)も床の張り替え同様に、便器交換時にしか買えることのできない部分があります。

修理と交換の差額

  • 修理の対応
  • 交換の対応

10年間で18万円以上の差額になることも

修理(交換)時からの水道・電気代の合計

交換するならセットがおすすめ

  • ピュアレストQR+ほっとウォッシュ おすすめセット
  • アメージュZ+ほっとウォッシュ おすすめセット
  • ピュアレストQR+アプリコットF3AW おすすめセット

ほっとハウスならオリジナル便座やお得なセットをご用意しています。

トイレ交換工事は「ほっとハウス」にお任せください
簡単!無料お見積りフォームへ
フリーダイヤル:0120-89-0262
 

更新日:2017/04/23

お見積り・かんたん無料
資料請求 お問合せ

pagetop