トイレの選び方
3ステップ進むとカンタンにあなたに最適なトイレが見つかります

ステップ1 設置したいトイレ

まずはご自宅に設置したいといれのタイプを選びましょう

洋式トイレは、大きく分けて下の4種類に分かれます。
それぞれ、タイプごとにメリット、デメリットがあり、価格帯も異なります。

組み合わせトイレ

写真:TOTO ピュアレストQR + アプリコット

組み合わせ便器は、タンクに貯めたお水で洗浄を行うスタンダードな便器です。
タンクと便器部がセットとなり、便座は別売り(お好きな便座を組合せとなっています。

メリット

何といっても、組み合わせ便器の一番のメリットは、タンクレスや一体型に比べて価格が安いことです。
便座を普通便座から高機能なウォシュレットまで、予算やお好みに合わせて自由に選ぶことができます。
以前に比べ、タンク内も改良が施されているので、洗浄水量も少なく、節水性能も高くなっています。
タンクに貯めた水を使って洗浄を行うため、設置場所の水圧を気にする必要がありません。(タンクレスなどの直接洗浄は、水圧が弱い場所には設置ができないことがあります)
一般家庭に最も流通している、スタンダードな便器です。

デメリット

タンクがあるため、設置に必要なスペースが多くなり、その分トイレ空間が狭くなってしまいます。
また、タンクレスに比べてタンクがある分、多少の圧迫感があります。
トイレ空間のデザインにこだわりたい方や、他の家庭とは違った便器を設置したいといった方には不向きかもしれません。

ステップ2へ

一体型トイレ

写真:LIXIL(INAX)アメージュZ一体型

一体型トイレは、タンクに貯めたお水で洗浄を行う、スタンダードな便器です。
便器と便座がセットになっているので、便座を購入する必要はありません。

メリット

メーカーが、便器便座を組み合わせて販売しているトイレですので、デザインに一体感があり、トイレ空間をスッキリ見せることができます。
タンクに貯めた水を使って洗浄を行うため、設置場所の水圧を気にする必要がありません。(タンクレスなどの直接洗浄は、水圧が弱い場所には設置ができないことがあります)
便座部はグレード別に分かれており、機能に合わせて好みの便座を選ぶことができます。

デメリット

タンクがあるため、設置に必要なスペースが多くなり、その分トイレ空間が狭くなってしまいます。
また、タンクレスに比べてタンクがある分、多少の圧迫感があります。
一体型トイレは、便座がセットになっていますが価格帯は比較的高めになってしまいます。
価格を重視して探す場合は、組み合わせ便器と便座の方が金額を抑えることができます。

ステップ2へ

タンクレストイレ

写真:TOTO ネオレストAH

貯水タンクがなく、水道管から直接、洗浄水を流す仕組みのものをタンクレストイレと言います。

メリット

高級感のある、ワンランク上のトイレ空間を演出することができます。
毎日使う場所だからこそ、こだわりの自分好みの空間が、使うたびに気持ちを高揚させてくれます。
タンクがないため、トイレを最大限広く使うことができます。
もちろん、見た目にもタンクがないため、スッキリとしたお店のようなトイレ空間になります。
もちろん便座(ウォシュレット)も、最上級を搭載。
迷っている方には、タンクレスを断然おススメいたします!

デメリット

一部のタンクレスは、水圧が弱いと流しきることができないため、ブースターと呼ばれる、水圧を強める器械を取りつける必要があります。
機種によっては、設置できないこともあります。
タンク上部の手洗いがないため、トイレ室内に手洗いがなければ、増設するか、外で手を洗う必要があります。
その場合は、TOTOワンデーリモデル(システムトイレ)をおススメしております。

ステップ2へ
システムトイレ
トイレ交換工事は「ほっとハウス」にお任せください
簡単!無料お見積りフォームへ
フリーダイヤル:0120-89-0262
 

更新日:2017/04/23

お見積り・かんたん無料
資料請求 お問合せ

pagetop