トイレ内装工事について

トイレリフォームは内装がポイント

トイレリフォーム(便器交換)は、リフォームとしては小規模になりますが、
やはり、それなりの費用がかかります。
こだわりのトイレリフォームであれば尚更です。
トイレというと、「便器」「便座・ウォシュレット」に目が行きがちで、
内装が置き去りにされてしまうことも…

そんなトイレリフォームで失敗しないために、
ここでは、内装工事(床クッションフロア張り替え)に焦点を絞って、
過去事例を参考に、満足できるトイレリフォームのポイントをご説明いたします。

  • 床クッションフロア張り替え
  • 壁クッションフロア張り替え

トイレリフォームをするなら、絶対に換えておきたいのが床材のクッションフロア。
通常、トイレの床は、便器を取り外した時にしか交換することができません。
クッションフロアを巻き込むように施工するためです。
※現状の床材によっては、張替のできない場合がございます。

穴を開けたクッションフロアに便器を取り外した状態で張り込みます。クッションフロアを巻き込むように便器を上から設置するので仕上がりがキレイになります!

CFの張り替えをしないと…
何よりも問題なのは、交換前の便器によっては、クッションフロアに隙間ができたり、設置跡が汚く残ってしまうことです。せっかく新品の便器に交換したのに、これでは台無しです!
後々の張り替えでは…
便器が設置されている状態でクッションフロアを交換する場合、便器の下の部分に交換前のクッションフロアが残ってしまったり、新しく張り替えるクッションフロアに便器を囲うための切れ込みを入れる必要があり、美観を損ねる恐れがあります。
CF(クッションフロアとは? 異なる素材の二重構造)
CF(クッションフロア)とは、主として表面に塩化ビニールを用いたシート状の床材で、中間層に発泡プラスチック等が挟み込まれており、高いクッション性があります。
シート表面には、印刷やエンボス加工が施され、色や模様の種類は豊富で安価ながら美しい見た目に仕上げてくれます。
ビニール系素材のため水に強く、キッチンやトイレ、
洗面室などに用いられる床材です。

CF(クッションフロア)を変えると、こんなに違うんです!

「ほっとハウス」で人気のクッションフロアを使用したトイレをご紹介いたします。

HM-5033 ウッド・オーク
今、流行りのホワイト系フローリングです。オークは加工し易い事で有名な木材で、インテリア家具やワイン樽に用いられています。しなやかさがCFでも十分感じられます。
色見が薄いのでホワイト系やピンク系の便器との相性も抜群で、清潔感のあるトイレ空間を演出します。
営業担当:齋藤
HM-5069 ストーン・ポテチーノ
見る角度や明りの当たり具合によって表情を変える大理石の良さを最大限に表現しているCFです。
柄は濃淡があり面白みがあります。
シンプルな色合いになっているので、ベーシックタイプのピュアレストQRアメージュZを設置したトイレにおススメです。
営業担当:梅谷
HM-5125 プレーン&パターン
一目見た瞬間に目を奪われる印象的なデザイン。きめ細かい柄が飽きを感じさせません。
材質もCF特有のツルツル感を抑えているので、靴下のまま歩いてもすべりにくい素材です。見た目と機能性を合わせ持ち、ご年配の方や小さいお子様のいるご家庭にもおススメです。
営業担当:長岡

「ほっとハウス」で、便器交換・トイレリフォームをご注文頂いたお客様限定!

クッションフロア張り替え 全て込み9828円
巾木【ハバキ】
壁と床の境目は、スリッパなどの汚れがつきやすく、傷つきやすい部分です。
そこで、壁や下地の汚れ・破損を防ぐ目的で取り付けられているのが「巾木」です。

巾木には、木製とビニール製の2種類があり、
ビニール製の巾木は一般的に「ソフト巾木」を呼ばれます。
ソフト巾木はCFを敷きこむように張られているため、
美観を保つためにも同時に交換を推奨しております。
木製の巾木の場合は、交換する必要はございません。

壁紙も一緒に張り替えるとさらにお得に!

クッションフロア+壁紙張り替え 全て込み29700円
  • 床クッションフロア張り替え
  • 壁クッションフロア張り替え
トイレ交換工事は「ほっとハウス」にお任せください
簡単!無料お見積りフォームへ
フリーダイヤル:0120-89-0262
 

更新日:2017/04/23

お見積り・かんたん無料
資料請求 お問合せ

pagetop